日焼け止め
日焼け止め

日焼け止め

日焼け止めを塗ると・・・

日焼け止めは、それこそ毎日使っているっていう方が多いです。

今では、紫外線の影響は、1年中といわれていますので、美容に気を使っている女性は、ちょっとした外出の時にも、こまめに日焼け止めを塗ってから外出をするっていう人が多いですね。 
 

でも・・・なんだか、最近、お肌がカサカサしてきてるような気がしませんか。
紫外線のせいでは、ないはずなんだけど。
だって、そのために、毎回、日焼け止めを塗ってるんだし。

それ、もしかしたら、きちんと日焼け止めの薬剤を落として切れていないせいかもしれないんだそうです。

実際のところ、日焼け止めを、きちんと落としきれていない人が、多いのが実情のようなんだそうです。

落ちきれなかった日焼け止めの薬剤は、毛穴のへこみ部分に残っていることが多いため、その部分の薬剤が酸化して、周辺の細胞を壊していって、毛穴を押し広げてしまうことになる可能性まであるんだそうです。


そのまま放置していると、毛穴の目立つブツブツ肌になってしまう・・・

日焼け止め 落とし方

日焼け止めの落とし方としては、いくつかポイントがあるんだそうです。

まずは、使っているボトルの裏側に書いてある注意書きを読むことが、とても大事なんだそうです。

そこには、落とし方について、大きく分けて2種類のことが書いてあるんだそうです。

「クレンジング剤で」の場合と、「石鹸・洗浄料で」の場合と。

(人って、案外、こういった大事な「注意書き」って、読んでいないことが多いものなんですよね。
こういったことが、きちんと落としきれていない原因にもなっているんだとか。)

クレンジング剤を使って落とす場合には、普通は顔だけで済ましちゃいますが、
腕とか脚とかにも塗っているので、当然いっしょに洗い落さないといけないんだそうです。

そして、勘違いしてはいけないのは、このクレンジング剤は、あくまでも塗っていた日焼け止めを落とすためのものだということなんだそうです。
その意味は、クレンジング剤も、お肌に残さないように、洗い流すことが重要っていうことなんだとか。

(いわれてみれば、その通り。
クレンジング剤だって、洗い流さないといけないっていうことなんですよね。) 

この時には、石けんとかボディソープとかをを使って洗うことになるんですが、その時に、絶対にゴシゴシとこすらないことが、とても大切なんだそうです。

ここで、強くゴシゴシとこすっちゃうと、その刺激で、肌を傷めてしまうだけでなく、メラニン色素が増えてしまって、くすんだ色の肌になってしまう可能性があるんだそうです。

それなので、しっかりと泡立てて、指を使ってマッサージをするように、イメージとしては、汚れを浮かせて、落とすっていうイメージなんだそうです。

さらに、 必ず保湿をしましょう。
 
きれいに、しっかりと洗い流すと言うことは、お肌の表面の残っていて欲しかった皮脂もいっしょに落ちてしまっているからなんだそうです。
それらを補うためにも、充分に保湿をすることが、とても大切っていうことなんですね。
化粧水で、潤わせて、乳液やクリームなどで、保護するようにするといいんだそうです。

 

どこで買える 通販

 

 

日焼け止め

© 2017 日焼け止め rss